EV充電設備機器の取り扱いについて

EV充電設備(電気自動車充電設備)は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)に電力を供給するためのインフラです。以下に主な種類と特徴を紹介します。
1. レベル1充電(100V)

特徴: 家庭用の標準的な100Vの電源を利用
充電速度: 充電速度は遅く、完全充電までに数十時間かかる場合がある
用途: 主に自宅での充電や、充電ステーションの設置が難しい場所での使用

2. レベル2充電(200V)

特徴: 200Vの専用回路を利用し、充電速度が速い
充電速度: 通常4~8時間で完全充電が可能
用途: 自宅、職場、公共の駐車場などに設置されることが多い

3. DC急速充電(DCFC)

特徴: 直流電流を利用し、非常に高速で充電できる
充電速度: 30分以内で80%の充電が可能なことが多い
用途: 高速道路のサービスエリアや都市部の充電ステーションなど、短時間での充電が求められる場所


当店ではレベル1もしくは2に相当するEV充電設備を取り扱っております。

おもに日東工業・河村電器産業・パナソニックなどです。

ケーブル収納を考えた場合、箱への収納を考慮した日東工業のEVP-1R2(200Vタイプ)や河村電器産業のECPWがおすすめです。

2024年06月12日